3-6フランス料理豆知識(フランス料理の歴史)

世界三大料理ともされるフランス料理は世界から人気を誇る西洋料理です。

フランス料理と言えば敷居が高いイメージを持つ方も多いと思うます。

そこでフランス料理とはなにか分からないという方にフランス料理はいつから始まったのか解説します。

今ではフランス料理はナイフとフォークを使いテーブルマナーがありますが4世紀では明確な作法やマナーがなく手づかみで食べていました。

現在のフランス料理になったのは16世紀にイタリアン料理の影響を大きく受けて食事の時にナイフとフォークを使用して作法やテーブルマナーを取り入れることになりました。

元々フランス料理は宮廷内だけで楽しまれてました。

しかし18世紀末にフランス革命によりえ宮廷で王様につかえていたシェフが職を失い街角でフレンチレストランを営業して一般人にも広がりました。

19世紀にはオーギュスト・エスコフィエと言う料理人が活躍して宮廷料理とフランス料理を融合したフランス料理になりました。

その後さまざまなシェフによりレシピが改革されて簡単に作れるようになり庶民の間にも広がるようになり郷土料理になりました。

またフランス料理と言えばコースメニューをイメージしまうがコースメニューが振る舞うようになったのは近年なんです。

元々は大皿に料理が盛り付けましたが19世紀にロシアでフランス料理を振る舞ったシェフが料理を冷めないように一品ずつだしたことからそのアイデアがフランスにも使われるようになりコースメニューが誕生しました。

簡単フランス料理!鱈のポワレ〜2種のソースを添えて
簡単フランス料理!鱈のポワレ〜2種のソースを添えて

料理名:簡単フランス料理!鱈のポワレ〜2種のソースを添えて
作者:キッチン内田

■材料(1人分)
鱈の切り身 / 2枚
アスパラ / 1本
卵 / 1個
オリーブオイル / 大さじ3
○マヨネーズ / 大さじ1
○塩 / ひとつまみ
○コショウ / 3ガリ
○レモン汁 / 小さじ1
●明太子 / 大さじ1
●白だし / 小さじ1

■レシピを考えた人のコメント
家庭でできる本格簡単フランス料理です。
春を彩るピンク色の泡ソースと混ぜるだけで簡単に作れるオランデーズソースを添えました。

詳細を楽天レシピで見る

関連記事

サイト内検索

料理から最高のライフスタイル



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================

====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

人気の記事一覧

  1. ハンディのフードプロセッサーです。 こちらは片手に持って、素早く使用できるフードプロセッサーな…
  2. コンパクトで攪拌力に優れた安定と耐久性を持つ限定特価 商品代引き不可【NEW】 Kitc…
  3. 料理の「まとめ作り」などの習慣のある方にお勧めする、大型のフードプロセッサーです。 また、お店…


ページ上部へ戻る